多読は効果がないなんてウソ!?英語がスラスラ訳せちゃう裏技を公開

「長文でもスラスラ訳せるようになりたい!」

「何度も読み返したくない。一度読むだけで理解したい。」

 

英語を勉強していたら一度はそう思ったことがあると思います。

 

私も昔は英文を一度読むだけでは理解できませんでした。

TOEICの長文問題は一度読んでも何も頭に残っていなくて、読み直しながら問題に答えて、時間が足りなくて泣いていました。。

 

「英語をスラスラ訳したいなら『多読』がおすすめです!」

と、言いたいところですが、実は少し意識するだけで、「多読」の効果を倍増させる秘訣があるんです。

 

この記事では、多読の効果を最大化するためのノウハウを公開します。

 

 

「 英語をスラスラ読みたい!」なら今の勉強だけでは足りないかも?!

もし、英語も日本語のようにスラスラ読めたらかっこいいですよね!

私もそんな単純な理由で英語を勉強し始めたタイプの人間です。

 

でも私の場合は、英語学習を続けても長文を読むスピードは中々早くなりませんでした。

単語や文法はわかっていても、何故かすぐに英語の意味が入ってこないんですよね…

その原因は、社会人の英語学習では英語を読む時間が足りないからでした。

 

そこで、「もしかしたら英文を読む量が足りていないのかも」と思って、「多読」というものにチャレンジしてみることにしました。

実際にやってみてわかったのですが、多読は、英語の本をたくさん読めば効果があるというシンプルな学習法ではありません。でも勉強のコツをつかめば長文を読むスピードがグッと上がるはずです。

 

まずはその「多読」について解説します。

 

 

そもそも「多読」の定義って何?

「多読」と聞くと、英語をたくさん読むことで、英語に慣れて、長文を読むスピードが上がる方法…と漠然としたイメージを持っている方もいると思います。

 

「多読」に対して「精読」という言葉もあります。

精読は英文で使われている単語や文法を噛み砕いて、全てを丁寧に理解して進めていく、英語の基礎が伸びる勉強法です。

多読はたくさんの英文に触れることで、英語のリズムに慣れて読むスピードを伸ばす勉強法です。いわば「質より量!」

だから全ての単語を時間をかけて調べる必要はありません。

 

私が多読で意識していたことは以下のようなことです。

  • 毎日5分でも継続すること
    →英語で何か読むことを習慣にしましょう
  • 教材を選びすぎないこと
    →ニュースでも漫画でも英語ならなんでもいい
  • 翻訳に時間をかけすぎないこと
    →Google翻訳にそのままかけてしまう

一番重要なことは継続をすることです。

そして継続をするために「勉強しなきゃ…」というストレスを少しでも抑えるようにしていました。

だから教材を選ぶことにエネルギーを使ってしまったり、わからない英文で詰まったらそのまま翻訳にかけてしまっていました。

 

よく多読では、「わからない単語は無視して前後から推測すれば良い」という紹介をされていたりしますが、

この前後から推測というのは初心者には既に難易度が高いんです。それよりはさっさと翻訳にかけてしまって、「あーこの単語はそういう意味だったのか」と軽く流してしまいましょう。

この時に、単語を無理に覚える必要はありません。何度も出会っていずれ覚えることができたらラッキー!くらいの意識で大丈夫です!

 

 

テンプレの英語学習では圧倒的に”量”が足りない!

社会人になってから英語を勉強するなら、英会話を始めたり、TOEICの勉強をされている方が多いですが、

英文を読む時間は、意識しないとなかなか確保することができません。

 

英語学習をされている方の中には、ゴールまでの具体的な勉強時間を意識されている方もいると思います。

たとえば、TOEICを例に上げるなら、今250点のスコアの方が、950点になるためには1750時間必要だとされています。

 

出典:Oxford University Press『A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success』P.6

一番左の”Current score”が現在のスコア、一番上のTarget scoreが目標スコアです。交わったところにある数字が目安になる学習時間です。(単位は時間)

 

1750時間も勉強したら英文でもスラスラ読めるようになりそうですが、

TOEICのpart7の長文問題は多くても100単語ほどしかないので、TOEICの教材以外にも英文も読まないと読むスピードを上げることは難しいです。

 

では、多読は効果が出るまでにどのくらい時間をかける必要があるかというと、私の体感では毎日1時間で半年くらい必要でした。

特に普段から英文に触れていない人ほど多読の効果は実感しやすいです。

 

マンガなら1冊5,000~1,0000語、300ページほどの本なら2万~3万語程の語数が期待できます。

月に1冊は読み切る!を目標に無理のないペースで英文に触れてみましょう。

 

マンガのような軽いものでも1シリーズ読破するころには「少しだけ早く読めるようになったかも…!」と効果に気づけるはずです。

おまけにマンガなら、続きも気になって楽しみながら学習できるメリットもあるので、より学習効率はアップします!

 

 

多読の効果が倍増するマル秘テクニック

多読に挑戦してみる前に、自分がどんな風に英文を読んでいるか確認してみましょう。

 

もし、先頭から読むだけでは理解できず、何度も戻って読んでいたり、

そもそも英文を後ろから読んでいく“返り読み”をしているのであれば、多読をきっかけに改善しましょう。

この後、”返り読み”についてはこの後で詳しく解説しますね。

 

もちろん単語や文法を学習することも重要です。英語力が上がれば、英文を読んで知らない単語が出てくることは減ってくるので、読むスピードは上がります。でもこれだけだと”スラスラ読める”というレベルには一歩及ばないんです。

私の場合は、わからない単語はないのに、先頭から一度読んだだけでは意味が理解できなくて、つい戻って読んでしまう癖が抜けませんでした。単語も文法もわかっていたはずなのにどうして理解できないのかずっと疑問に感じていました。

 

それは次に解説する「返り読み」するクセが原因でした。

多読の効果を倍増させるカギは、この「返り読み」を克服することだったんです

 

 

「振り返るな!」 ”返り読み”は禁止です。

“返り読み”は英文を後ろから訳していく読み方のことです。

 

例えば、

I read a book about English (私は英語に関する本を読みます)

という英文を、

① I (私は)

② about English (英語に関する)

③ a book (本を)

④ read (読みます)

日本語の順番を意識するせいで、英文の先頭からではなく、後ろから戻るように読んでしまうことです。

できるだけ、頭から順番に訳してあげることが英語上達のコツです!

I read a book about English ならば

「私は」「読む」「本を」「英語に関する」と自分の頭を、”英語脳”としてインストールし直してあげる方が手っ取り早いです。


「読む文字数が変わらないから問題ないのでは?」と思われるかもしれませんが、

以下のような文章だとどうでしょうか。

 

I read a book which was released 10 years ago about English (私は10年前に発売された英語に関する本を読みます)

日本語の順番を意識すると、”which was released 10 years ago “のパーツを先に訳すことになってしまい、

返り読みをすると、パズルを解くように負担が大きくなってしまうことがわかると思います。

 

“返り読み”するクセは意識しないと治すことは難しいです。

最初は大変ですが、多読では英語を読む時は順番通り!戻らない!ことを意識して取り組みましょう。

 

これが多読の効果の1つ目です。


では、ここから英文の頭から区切りながら読むマル秘テクニックを紹介していきましょう。

 

 

プロの通訳者も使ってる!?スラッシュ・リーディングって何?

英文を先頭から理解するのに最適な読み方がスラッシュ・リーディングです。

スラッシュ・リーディングは同時通訳のプロでも訓練として取り入れている、英語をスムーズに理解する効果的な方法です。

その名の通り、英文の間にスラッシュ (/)を入れて区切る、そして区切り毎に短い意味のカタマリとして訳していく方法です。

 

スラッシュを入れる場所に決まりはありませんが、私は以下の場所に入れています。

  • 主語の前後(She、My bossなど)
  • 動詞 + 目的語の前後(study Englishなど)
  • 前置詞の前(at、on、whenなど)
  • 関係詞の前(that、which、whoなど)
  • 接続詞の前(because、untilなど)

あまり細かく区切りすぎてスラッシュを入れる場所を考えるのに時間をかけてしまうのは本末転倒なので、この5つくらいが丁度良いです。

 

例えばさきほどの例文だと

I read a book which was released 10 years ago about English (私は10年前に発売された英語に関する本を読みます)

 

I  /  read  a book / which was released / 10 years ago / about English

このように5つに分けられますね。

 

① I (私が)

② read a book(本を読む)

③ which was released(発売された)

④ 10 years ago(10年前に)

⑤ about English(英語の)

日本語にすると少しだけ違和感がありますが、意味はなんとかわかりますよね。

そもそも英語に対して適切な日本語訳がないケースもあります。スラッシュ・リーディングは無理に完璧な日本語訳を目指さずに、先頭から自然な翻訳をする訓練になります。

 

 

今日から始める!誰でもわかる多読の実践法

私は多読に挑戦するときに「いきなり英語の本を読める気がしない…」と思っていました。

実際、いきなり英語の数百ページある本を読んでいたらモチベーションが維持できなかったと思います。

 

そこで私が最初に実践していたのは、内容を既に知っている本を英語で読むということでした。

これは、日本語訳の本が出ている有名な洋書(例えばハリーポッター)でも良いですし、英訳の本が出ている日本のマンガ等でも問題ないです。

 

ちなみに私の場合は、最初は洋書をがっつり読もうと意気込んでいたのですが、なかなか続かなくて、、途中から日本のマンガの英語訳版を読むことにしました。

結果的に英語を読むスピードは上がったので、やはり興味がある方法で続けるのが一番ですね!

 

amazonで「○○ 英語版」と調べると英語版の書籍をカンタンに探せますよ。

amazonでKindle本を検索

 

重要なポイントは、内容は頭に入っているので、英語の意味がわからなくても容易に想像することができるということです。

多読では知らない単語があまりに多いと詰まりやすくなってしまいますが、内容を知っているなら単語を推測することもカンタンになるので、多読の効率を上げることができます。

 

 

まとめ

目的さえ理解していれば効果バツグンの「多読」に関して解説してきましたがいかがだったでしょうか?

 

はじめは英文を読むことに慣れなくて大変に思うかもしれませんが、

英文をスラスラ読む夢があるなら、多読は効果絶大です!

 

もし今気になってるマンガがあるなら、“英語版”を買ってみませんか?

 

英語を読むスピードが上がれば、TOEICや英検の試験が有利になることはもちろん、

ビジネスの場でも情報収集の効率もグンと上がりますよ!