何から始めるべき?英語が苦手だった社会人こそ優先すべき3つの学習法

「英会話、英語学習アプリ、書籍といった様々な学習方法を手当たり次第、試したけれど、どれも長続きしなかった」

「仕事をしながら英語を勉強したいけど何から手を付けていいかわからない」

そんな悩みがあるとしたら、目指すべき英語学習のゴールがぼやけているのかもしれません。

この記事で紹介する学習法を取り入れると、社会人が何から英語学習を始めればいいか明確になり、確実に職場で差を付けることができるようになります!

私自身も、紹介する学習法を実践してから英語に苦手意識が無くなり、英語学習を習慣として継続できています。

ここでは目指すべき英語学習のゴールが明確になり、社会人に最適な英語学習をスタートできる学習方法を3つ紹介します!

 

 

英語で挫折する原因は手当たり次第、英語学習をするから

社会人は学生に比べると英語学習に多くの時間を使うことは難しいため、英語学習をスタートしても途中で挫折してしまう方はとても多いです。

 

一方で、同じ条件の社会人でも英語学習を継続させて着実にスキルアップできる方もいます。その違いはシンプルで、”習慣付け”と”アウトプット”の2つができているかどうかです。

 

これは英語学習に限らず、”習慣付け”で、毎日続けること、”アウトプット”で目標とのギャップを認識することは新しいことを身につけるために必要なステップです。

 

ここでは英語学習をする上で、”習慣付け”と”アウトプット”が重要な理由を解説します。

 

 

”習慣付け”が重要な理由は英語学習は”長期記憶がゴール”だから

一時的に英語を覚えていても、いざビジネスの場面で使いたい時に忘れてしまったり、思い出すのに時間がかかってしまっては、英語が使いこなせるとはいえません。必要になった時にスムーズに英語を使うために脳の長期記憶に英語を送り込む必要があります。

 

長期記憶に残すためには繰り返し英語に触れる必要があるため、英語学習を”習慣付け”することが重要になってきます

 

私自身の経験ですが、私は高校や大学の英語の成績は悪くはありませんでしたが、社会に出てから既に学んだはずの英単語でもスムーズに理解することができず苦労してきました。私のようにテストや入試のために英語を学習していた方は、社会人になっても暗記クセが抜けず、”習慣付け”がおろそかになってしまいがちです。

 

1点注意として、私は同じテキストを毎日繰り返し学習することはオススメしていません。脳は記憶する際に、情報を点としてではなく、紐付けて記憶しています。点というのは単語や英語表現をそのまま暗記してしまうということです。次の”アウトプット”をしながら英語学習をすることで、英語を使うべきシチュエーションとセットで記憶することができるので、効率良く記憶することができるようになります。

 

 

”アウトプット”が重要な理由は”英語=暗記”ではないから

職場で英語を使うことを目的とするなら、最終的には英語の”アウトプット”が必要になるイメージはあると思いますが、英語を暗記している状態と、”アウトプット”ができる状態には明確な差があります。

 

例えば、”apple”や”red”というような簡単な単語を使うときに、単語の意味を考えるというステップはほぼ発生しません。この状態のことを”自動化”と表現します。”自動化”とは単語の意味を日本語に変換すること無く、頭にイメージできるということです。英語を自然に”アウトプット”するために、この”自動化”ができる英語を増やすことが重要です。

 

英語学習では新しく英語を覚えることが重要と思われがちですが、社会人の場合は、既に暗記している英語を”自然にアウトプット”できる状態にもっていくことが重要です。知ってはいるのに使うことができていない英語を見つけるために”アウトプット”を英語学習に必ず取り入れましょう。

 

 

何から手を付けていいかわからないのはゴールが決まっていないから

「英語をマスターするのに必要な時間は2,000時間から3,000時間」と言われていますが、闇雲に英語学習をスタートしてもモチベーションを維持することは難しいです。自分に取って”マスターする”とは何を指すのかを決めることで、必要な学習方法が明確になります

 

目的と手段が入れ替わらないように注意が必要です。例えば「5分でも英語学習を1ヶ月続ける」というようなゴールだと、達成した結果どうなっているのか想像できず、順調なのかどうかが判断できなくなってしまいます。

 

ゴールはなるべく具体的な数値を設定して、進捗が客観的に把握できるようにするべきです。

 

 

自分のゴールを決める理由は”英語学習に終わりはない”から

英語に限らず言語習得には終わりがないので、最初に自分の目指す姿を決めておく必要があります。日本語ですらまだ知らない漢字や表現がある位なので、完璧を求めるとキリがありません。ゴールを決めておくことで、英語学習の目的がぼやけてしまうことを防ぐことができます

 

ビジネス英語を学びたいという方は多いですが、海外出張がある方と、英語のメールを読めれば問題ない方では、ゴールが変わってきます。中学英語から基礎の復習が必要なのか、もっと上級者向けの教材で問題ないのか、冷静に考える必要があります。

 

ゴールを決める際は、「最終的な目的」、「期間」、「現在のレベル」をセットで考え、メモ帳などに必ず残しましょう。特に抜けがちなのが「現在のレベル」です。本当は成長しているのに、実感できないことが、英語学習が挫折してしまう大きな原因だからです。

 

「現在のレベルと言っても、測り方がわからない」という方向けに、私が実際に使った方法を2つご紹介します。

まず手軽で今すぐ単語力を測定できる、Weblioが提供している語彙力診断がオススメです。無料会員でもレベルは表示されるので、自分が現在どのくらいの単語を理解しているのか目安になります。レベル毎の単語数はこちらで説明されています。

 

スピーキングスキルを測定したいならレアジョブ英会話のレベルチェックを利用することができます。無料体験レッスンで講師の方がスピーキングレベルのテストをしてくれるので、自分のレベルがわかります。レベルの詳細はこちらで説明されています。ここまでなら無料で今すぐ実施できますし、気に入ればそのままオンライン英会話を始めてレベルをあげることもできます。

 

英語学習は終わりがないので、私も上達すれば上達するほど、わからないことが増えたような錯覚に陥いってしまうことがありました。モチベーションを維持するためにもゴールの設定は行いましょう。

 

 

人に宣言することで、英語学習が長続きして挫折しにくくなる

ゴールはなるべく具体的に設定をしましょう。「英語でメールが読めるようになる」、「英語を聞き取れるようになる」というような主観が伴うものではなく、「英語のリーディングスピードを2倍にする」、「TOEICのスコアが800点以上」というような数値が含まれていて客観的である必要があります。

 

客観的なゴールを設定する理由は、自分以外の人に共有できるためです。人間は人と交わした約束は中々破らない傾向があるからです同僚でも家族でも問題はないので、英語学習を隠す理由がない場合はゴールを宣言することをオススメします。

 

余裕があれば、コーチ付きの英語学習サービスを活用することも有効です。私は色々と英語学習のサービスを試しているのですが、現在利用しているスタディサプリのパーソナルコーチプランは、担当コーチがついて、毎日メッセージで学習状況の確認があるので、自分に甘くなってしまう私のようなタイプの人間でも確実に成果を出すことができるのでとてもオススメです。

 

 

今すぐ実践できる優先すべき3つの学習法

英語学習には様々な方法がありますが、今すぐ実践できる学習法を3つご紹介します。

 

私自身が現在まで継続して実践していて、効果が実感できる学習法は、

  • オンライン英会話
  • 内容を知っている映画/アニメを英語で見ること
  • 英訳するクセを付ける

この3つです。

 

優先すべき理由は、すぐ実践できて”習慣付け”しやすい実践的な学習法だからですスキマ時間を有効活用して、なるべく多くの時間を英語に触れるようにすることが重要です。

 

 

オンライン英会話が優れている理由は”アウトプットの多さ”

オンライン英会話は、手軽に30分からでも実施ができて、アウトプットがメインになる点で最優先で実践すべきです。毎日レッスンが可能なサービスを選択しましょう。

英会話の最も優れている点は、アウトプットの多さです。会話をすることで、自分が使うことができる英語を認識して、実践的な表現から理解を深めることが可能です

 

気になったことはささいなことでも講師に質問するように意識することで、更にオンライン英会話の効果を高めることができます。単語の意味や文法の意味等も質問することで、スピーキング、リスニング以外にも英語の4技能全てを上達させることができます。時間は30分で良いので、毎日継続することを意識するようにしましょう。

 

ちなみに私のオンライン英会話はDMM英会話です。なるべく英語に触れる時間を増やすために複数のオンライン英会話に登録しているのですが、DMM英会話は講師の方がフレンドリーで、雑談しながら英語を学ぶことができるので、「まずは英語に慣れたい、英語に触れる時間を伸ばしたい!」という方にはオススメです。

 

私は英語をいくら勉強しても「外国人と話すのは苦手だな…」という情けない気持ちが抜けなかったのですが、DMM英会話のおかげで苦手意識はなくなりました。私たちが日本語がカタコトな外国の方を見ても「頑張って日本語を話してるんだな」とむしろプラスな感情を持つように、英会話をしてみると必死に英語を話せば意外と通じるし、ちゃんと盛り上がって楽しいと感じますよ。

 

オンライン英会話を雑談ではなく、「学習計画に沿ってかっちりと学習したい」という方にはレアジョブ英会話もオススメです。こちらは講師の方が英語の先生だった経歴を持つ方なので、英会話をしながらも、テーマは決まっていて、マンツーマンで講義を受ける気持ちで学習できます。

 

 

内容を知っている映画/アニメを選択する理由は”聞き流すだけでは意味が無い”から

聞き流し系の英語学習サービスは数多くありますが、私はあまり成長が実感できませんでした。本当に聞き流すだけではすぐに効果を実感することは難しいです。知らない単語や音は放置していてもノイズとなって脳が認識してくれないためです。

 

英語の映画やアニメを使って英語学習をすることは手軽ですが、聞き流すだけでは学習効果は薄いことに注意しましょう。既に内容を知っているものを選ぶようにしましょう。聞き流すだけではなく、英語を聞いて意味を拾えない場合は字幕を見て、わからない単語は調べるようにしましょう

 

ちなみに私はアニメ好きで、英語を学習しているのに海外映画にあまり興味がないタイプの人間です…。

でもアニメも英語学習に生かせるはず!と考えて”らきすた”という日常系のアニメの英語吹き替え版を繰り返し見ていました。


Lucky Star: the Complete Series & Ova [Blu-ray] [Import]

好きな作品を選ぶと、「このセリフは英語だとこういう風に表現するのか〜」という発見があってとても面白いです。早口なシーンなどは聞き取るのはとても難しかったりしますが、「全部絶対に理解しないと」と難しく考えずに、楽しみながら少しでも理解できる英語を増やせたらラッキーというくらいの気持ちでリラックスして取り組むことがオススメです。

 

 

英訳を意識し続ける理由は”常に英語脳を成長”させるため

簡単かつ今すぐ始められる方法ですが、常に英訳を意識することも立派な学習法です。「これって英語でなんていうんだろう」と考えるクセを付けることで、英語を一切話すことがない社会人でも英語に触れる時間を作ることが可能になります。常に英訳を意識することで英語脳を成長させることができます

 

英訳の答えはGoogle翻訳などですぐに確認することが可能で、意外な発見も多いです。

 

わからない単語や表現等を見つけたらメモアプリにメモをしておくようにします。英語の単語や表現は相当な数がありますが、無限ではないので、英語に出会う機会を増やすことで少しずつ覚えていきましょう。

 

「ざっくり英訳クセをつけると言っても、イメージがつかない」という方もいると思いますが、本当に難しく考える必要はありません。もしかすると妄想癖が無い方には難しいのかもしれませんが、私の場合だと例えばカフェに入ったとき、「ここがもし海外だったら」と考えていたりします。

カプチーノを頼んだとすると、「英語だったら”Can I have a Cappuccino”なはず…!よし言えるな!」

「あれ、でも砂糖はいらないってどうやって言うんだっけ、”I don’t need suger”… いや固すぎて絶対伝わらない…調べよう!」となるわけです。

 

人によって向き不向きはありますが、英語が苦手な人ほど英語を遠ざけてしまうものなので、「英語だったら…」と考えることは英語の苦手意識を無くす第一歩になります。

 

 

まとめ

社会人が英語学習を挫折してしまうのは、明確なゴールが定まっていないのに手当たり次第で始めてしまうためです。

 

英語学習において重要なことは、”習慣付け”と”アウトプット”を行うことです。”習慣付け”を行うことで英語が長期記憶に定着します。そして英語は暗記だけではなく、”アウトプット”できることを目指す必要があります。

 

英語学習には終わりがないので、自分なりのゴールを設定しないと、途中で目的がぼやけてしまうことがあります。必ずゴールの設定を行い、ゴールは可能な限り具体的な数値を設定するようにしましょう。

 

英語に苦手意識がある社会人はとても多いですが、積み重ねれば必ず結果は出ます。しかも既に学生時代に英語に1000時間程度は触れているので上達も早いです。全くわからないと思っていても、「アルファベットは書ける」、「簡単な単語は理解できている」、「挨拶はできる」とゼロベースではないんです。

 

今回、ご紹介した3つの学習方法を早速、今日から実践して英語の苦手意識を克服しましょう!