理系学生必見!全学生が英語を学ぶべき理由・メリット

  • 2020年4月29日
  • 2020年7月20日
  • 活用法
  • 100view

「私/僕は理系だから英語は大学受験まででいいや。」

「受験科目に英語がないから全く勉強しなくていいや。」

こういった方向けに、今回は、英語を学ぶモチベーションがない人、英語を学ぶ意味を探している人に向けて、英語を学ぶべき理由・メリット5つをお伝えします。

理由

英語を学ぶべき理由は、たったひとつ。

グローバル化が進んでいる現在、どの国においても必要な共通言語であるからです。

どこにいても使用できますし、使用できなければネガティブな影響ができるシチュエーションもあり得ます。

下記では、そんな世界共通言語の英語を学ぶメリットを5つ具体的にご紹介します。

  •  職業・生活の選択肢を広げる
  •  日本以外の情報を早く正しく仕入れる
  •  大学の基礎科目で必要
  • 海外旅行で危険な目に合わない
  • 海外の友達を作る
さっそく見ていきましょう!

職業・生活の選択肢を広げる

メリットの1つ目は、選択肢を広げることができるからです。

グローバル化が進み、町を歩いていてもビジネスでも海外の人と関わる機会が増えた現在、英語を話すことができれば職業、生活の選択肢を広げることができます。

例えば、医者で英語を話すことができれば、海外で医療に携わることができます。
ビジネスマンで英語を話すことができれば、年収アップや海外赴任も可能です。

エンジニアで英語が話せれば、海外のエンジニアと繋がり一緒に仕事をすることができます。
他にも英語が読めれば、海外のサイトで雑貨や食料、衣服などを購入できますよね。

選択肢を広げることができれば、自身の価値観が変わる機会や人生が変わる機会に出会うことができるかもしれません。

日本以外の情報を早く正しく仕入れる

ビジネスマン以外にも現代社会の流れを知るためには、海外のニュースを見る必要があると感じている人も多いでしょう。

日本語しかできなければ、誰かが英語のニュースを意訳したものを読む・聞くことしかできませんよね。
しかし、英語ができれば、イギリス・アメリカ・オーストラリア・シンガポール・カナダなどのニュースを生で見る・聞くことができます。

経済大国アメリカのニュースを生で素早く仕入れることができるだけでも、メリットがありますよね。

また、書籍についても同じことが言えます。
海外の主流の考え方や学問分野についての書籍の中で、まだ翻訳されていない本を読むことができます。
理系の学生なら海外の最先端の論文、ネイチャーなどの書籍を読むことができます。

このように、英語ができれば最先端の、意訳されていない生の情報を仕入れることができますよ。

大学の基礎科目で必要

大学生になると基礎科目で英語が必修な学校がほとんどです。

理系でも文系でも世界の共通言語として、英語の授業があります。
文法や筆記だけではなく、会話や論文を読む学科もあります。

その際に、高校英語レベルの単語や文法を知っていないと、授業についていくのが困難な状態になります。
他にもやりたい勉強や、やるべき専門授業があるのに、大学入学後に英語の勉強に多く時間をかける必要が出てきます。

最低限受験で勉強した単語や文法を忘れなければ、大学始まってからの英語の授業も無理なくついていくことができるでしょう。

海外旅行で危険な目に合わない

英語を全く話せないまま海外旅行に行くと、危険な目に合う確率が高くなります。

何を言っているのか分からない時に一応yes yesと言いがちな人もいるでしょう。

海外は思ったより、ドラッグやお酒、スリなど危険が潜んでいます。
適当に返事をしていると合意したと見なされて薬を売られたりしたケースもあります。

その被害を警察に相談するにも、危険な目にあったときに助けを呼ぶにも英語が必要です。
旅行先で大変なトラブルにならないためにも、ある程度の英語力を持っていた方がいいでしょう。

一人旅や外務省が定めた危険地域に行く場合は必ず、善悪を判断できるレベルの英語を取得してから行きましょう。
英語力はいざとなった時、自分の身を守ってくれますよ

⑤ 海外の友達を作る

最初にも述べた通り、英語は世界共通の言語です。

日本のように小学校から英語の授業を必須としている国や、英語が母国語の国、幼少期から勉強を始める国などレベルは様々ですが、どの国に行っても伝わると言っても過言ではないぐらい重要な言語です。

アジアでもアフリカでもヨーロッパでももちろんアメリカやオーストラリアでも英語を話すことができれば、現地の人と交流ができ、友達になることができます。
今から韓国語や中国語、タイ語を覚え始めるより、勉強し慣れた英語を使って会話をする方が効率的で伝わりやすい場面もあるでしょう。

また、今現在たくさんの国から外国人が、日本に働きにきたり、留学しに来ています。
バイト先に海外の人がいたり、同じクラスに外国人がいたりするのも比較的当たり前な光景ですね。
英語を話すことができれば、友達になれるだけでなく、その外国人にとって働きやすい、学びやすい環境を作る手助けにもなります。

 

英語を勉強すべき理由とメリットを5つご紹介しました。

  •  職業・生活の選択肢を広げる
  •  日本以外の情報を早く正しく仕入れる
  •  大学の基礎科目で必要
  • 海外旅行で危険な目に合わない
  • 海外の友達を作る

英語は今後の社会を生きていくに当たって必ず必要な言語になります。