DMM英会話 おすすめ教材「デイリーニュース」ポイントと使うメリットを解説!

「DMM英会話をはじめたいけど、教材は何をえらべばいいの?」
「デイリーニュースってどんな教材?」
「デイリーニュースでレッスンをするとどんなメリットがあるの?」
この記事ではこのような疑問を解決します。
DMM英会話の教材「デイリーニュース」は、最近のニュース記事を教材として、
記事の内容を元に、単語や文章読解、そのあとに簡単なディスカッションをすることができます。
「デイリーニュース」は毎日更新されるので、毎日レッスンできるDMM英会話と相性が良く、多くの方に支持されている教材です。
以下について具体的に解説します。
デイリーニュースの構成は?
教材でデイリーニュースを選んだときのレッスン内容

デイリーニュースのレベルとは?
予習や復習はやるべき?
実際に使ってわかったデイリーニュースを選ぶメリットと注意点
\\今なら入会特典キャンペーン実施中!//
登録当日から無料で2レッスン50分が受講可能!
入会方法やレッスンの申し込み方法については以下記事でまとめているので、併せてご覧ください。
関連記事

「英会話を始めたいけど、オンラインと対面どちらがいいのか。」「これからDMM英会話を始めたいけど、内容がわからず不安。」 そういった方に向けて、DMM英会話を使い続けている私の体験談と一緒にご紹介します。 &nb[…]

デイリーニュースの構成は?

デイリーニュースは5個の構成に分かれています。

Vocabulary ボキャブラリー
Article ニュース記事

Questions 質問
Discussion 議論
Further Discussion 一歩踏み込んだ議論
ボキャブラリーでは記事に出てくる単語の意味と例文の確認をします。
単語の意味は日本語ではなく、英語で表現されています。
ニュース記事がメインのコンテンツで、1200文字前後の英文を読みます。
質問では記事の内容に関する簡単な質問。
答えは全て記事の中に含まれています。
議論、一歩踏み込んだ議論では、記事に関する内容で、「自分がどう思ったか」ということを議論します。
記事には5~10でレベルが決められており、
中級者のレベル6までは全ての内容に日本語訳が記載されています。

教材でデイリーニュースを選んだときのレッスン内容

デイリーニュースを選んだ場合は以下のようにレッスンが進みます。

講師が読む
自分が繰り返し読む

講師が質問があるか聞いてくれる
全部記事が終わったら次の記事を選ぶ
先に講師が英語を読んでくれます。
後から自分が繰り返しで読む流れでレッスンが進行します。
ボキャブラリーの終わり、ニュース記事の終わりなど、区切りが良いところで講師から質問が無いか聞かれます。
質問が無いときは、「Not for now.」や「I have no question」と答えましょう。
1つのニュース記事は25分~40分位で終わります。
時間が余った場合は次の記事を選びます。

デイリーニュースのレベルとは?

記事には5~10でレベルが決められています。

DMMのレベルの定義の目安は以下です。

Level 難易度の目安 参考TOEICスコア
Level 1 アルファベット、数字、基本的な表現が使える 0〜110
Level 2 身近なものについて質問のやりとりができる 120〜165
Level 3 自分の日常生活や気持ちの説明ができて、基本的なシチュエーションに対応できる 170〜215
Level 4 簡単な日常会話を楽しめる 220〜335
Level 5 海外旅行で英語が使える 340〜530
Level 6 日常会話を問題なく楽しめる 535〜655
Level 7 字幕なしでも英語のテレビや映画が分かる 660〜775
Level 8 職場で英語を使って、外国人の同僚とコミュニケーションが取れる 780〜850
Level 9 いろいろなボキャブラリーを使ってネイティブとスムーズに会話ができる 855〜935
Level 10 外資系の会社で英語を流暢に使える 940〜990
レベルが7以上だと上級者向けで、ニュース記事に日本語訳が無くなります。

予習や復習はやるべき?

復習はやりましょう。予習は時間があったらやるくらいで問題ありません。

あまり予習や復習に時間を割かずに、わからないところはレッスン中に講師に聞くようにした方が、時間を有効に使えます。

 

復習はディスカッションでうまく回答ができなかったところを重点的に取り組みましょう。

レッスン中にメモを取っておくと良いです。

 

予習は事前に記事を選んで、単語とニュース記事を読んで内容を理解しておくとレッスンがスムーズに進みます。

時間が無ければ予習はせずに、わからない点はすぐに講師に質問しましょう。

講師側も質問したら喜んで答えてくれますし、講師と声に出してやり取りすることで記憶に定着しやすくなります。

 

デイリーニュースは過去の記事も選ぶことができます。

1週間位時間をおいてから、別の講師で過去と同じ記事でレッスンすると復習にもなり、新しい発見もあり有効です。

 

実際に使ってわかったデイリーニュースを選ぶメリットと注意点

最大のメリットは英会話の話題を考えなくて良い点です。

新しく英会話を始める場合は、話題が無くなることを不安に感じる方が多いです。

デイリーニュースは人気の教材なので、講師も慣れています。

 

デイリーニュースは毎日新しい記事が更新されていくので、教材を選ぶ手間も必要ありません。

 

DMM英会話は安く気軽に英会話ができることがメリットなので、

こだわりが無ければ教材選びや話題探しにエネルギーを使わずに、デイリーニュースを選びましょう。

 

注意点は1レッスン(25分)だと1つの記事が終わらなくなる可能性があることです。

予習している場合は、ボキャブラリーはスキップしてしまっても良いでしょう。

 

2レッスン(50分)を連続して予約すれば、1記事は確実に終わり、

レッスン時間内に1.5記事~2記事を完了させることができます。

デイリーニュースを選ぶときは余裕をもって2レッスンで設定するようにしましょう。

 

おすすめ教材「デイリーニュース」ポイントと使うメリットを解説 まとめ

それぞれ内容を改めて確認します。

デイリーニュースの構成は?
教材でデイリーニュースを選んだときのレッスン内容

デイリーニュースのレベルとは?
予習や復習はやるべき?
実際に使ってわかったデイリーニュースを選ぶメリットと注意点
デイリーニュースの構成は、ボキャブラリー、ニュース記事、質問、議論で構成されます。時間が無いときや予習済の場合はボキャブラリーはスキップしましょう。
デイリーニュースのレッスンの進め方は、先に講師が読む、自分は繰り返し読む、その後質問の流れです。
デイリーニュースのレベルは5~10があります。日本語訳は5と6にしかないのでTOEIC600点以下の方は最初は6以下を選びましょう。
復習はぜひやりましょう。予習は余裕があったらボキャブラリーと記事の内容確認をしましょう。わからないところは時間をかけずにレッスン中に講師に聞きましょう。
デイリーニュースを選ぶメリットは、教材選びやレッスンの話題探しにエネルギーを使わなくて良いことです。1レッスンでは終わらないことがあるので注意しましょう。
英会話で話題が無くて悩んでいる方にデイリーニュースはおすすめできます。
今なら無料で2レッスン体験できるのでぜひデイリーニュースで始めてみましょう。
\\今なら入会特典キャンペーン実施中!//
登録当日から無料で2レッスン50分が受講可能!
初心者が始めてDMM英会話をするときの疑問や質問への回答は以下記事でまとめています。
関連記事

「英会話の経験がない」 「英語は初心者で不安」 こういった方向けに、DMM英会話に初めて登録するときの不安を解消します。   DMM英会話は初心者でも安心して使うことができるサービスです。 […]

 

DMM英会話の基本情報

公式ページ DMM英会話
設立年月 2013年2月
初期費用 無料
教材費用 無料
授業プラン・コース料金 スタンダードプラン:毎日1レッスン 月6,480円
プラスネイティブプラン:毎日1レッスン 月15,800円
その他費用 なし
使用教材 9,163以上のテキスト教材(ニュース記事、出版社提携教材など)
講師数 7,300人以上
講師の国籍 123ヵ国
予約方法 ウェブ予約
レッスン時間 1レッスン25分
レッスン形式 オンライン(ビデオ通話)、マンツーマン
キャンセルポリシー レッスン開始30分前までキャンセル可能
体験レッスン 無料体験レッスンあり(2レッスン)