【TOEIC895点が教える】TOEIC Part1 リスニング写真描写問題を徹底攻略

  • 2020年5月4日
  • 2020年5月24日
  • TOEIC
  • 31view

ここ1、2回TOEICを受験しているのだけれど、点数が伸び悩んでいる。

日々の学習でも成長を感じられない。

こういった方向けにTOEIC Part1の攻略法を解説します。

 

この【TOEIC895点が教える】シリーズでは、TOEIC895点を取得した筆者の経験と一般におすすめと言われている情報を基にTOEICのパートごとの勉強法をご紹介します。

今回はシリーズ一弾として、TOEICパート1のリスニング写真描写問題の攻略法をお伝えしますよ。

※この記事は10分で読めます。

TOEICパート1の問題内容

勉強法を知る前に、パート1の問題内容を把握しておきましょう。

パート1は写真描写問題で、新形式のTOEICであれば6問出題されます。

写真を見てどの音声がその写真について適切な記述をしているかを選択肢の中から選ぶ問題です。

例えば、上の写真のような白黒で人物が写っている写真が一枚載せられています。

音声が、a)カフェにはたくさんの人がいます。b)カフェは3階立てです。c)彼は大通りに向かって歩いている最中です。d)カフェの周りには木や植物があります。といった記述をするので、その中から正解の選択肢dを選びます。

TOEICテストの一番最初に出される問題であり、最初の問題で手ごたえを感じることができると、試験全体の集中力と問題解答へのやる気をアップさせることができます。

精神的にも、点数的にもパート1で点数を取っておくと、後の試験でも気持ちを楽にして受けることができますよ。

とはいっても、各回で正答率がばらけたり、初心者が躓いたりするのがこのパート1です。

どのような点が難しいのか、次でご紹介します。

TOEICパート1の難しい点

写真描写問題の難しい点は2つあります。

日常生活で使われる単語や頻出度の少ない単語がでる点

生活の一部を切り取った写真が多いため、参考書ではあまり目にしない単語がたくさん出てきます。

例えば、tipped over (ひっくり返る)、wilting (しおれている)、be cluttered with (散らかっている) 、brick(レンガ)などです。

このような単語を知っているか知らないかで、問題を解けるかが決まってくるので正答率がばらける傾向にあります。

筆者も、他のリスニングパートでは安定的に点数を取れてきた時期でもパート1だけはできる時とできない時がありました。

写真から判断しにくい選択肢がある

一番の難点は、写真から判断しにくい選択肢が出てくる点です。

先ほどご紹介した例題では、b)がこれに当たります。

カフェが3階立てかどうかは写真から判断できないので消去する必要がありますが、聞き取れない単語が多いなどで切羽詰まってしまうと、選んでしまうこともあります。

パート1の攻略法

そんな難しい点があるパート1はどうやって攻略すればよいのでしょうか。

筆者の経験から2つの攻略法をご紹介します。

問題集で実践を積み、出題された単語を覚える

一番いい方法は模試やパートごとに分かれた問題集を通して実践をし、知らない単語があれば調べて覚えていくことです。

筆者はパート1の問題ばかりを試験日までに60問以上解きました。

メインでこちらの3週間で攻略本を使い、図書館で様々な本を借りてパート1の問題のみ練習しました。

TOEICはイギリス英語やオーストラリア英語でのリスニング問題が出題されます。

問題数をこなすことで、出題パターンだけでなく様々な種類の英語にも慣れることができますよ。

その後、出題された問題の中に出てくる単語で知らないものをリストアップしましょう。

専用の単語帳やカードを作れば、試験直前に見直すことができるのでおすすめです。

消去法で選択肢を消す

消去法を使って選択肢を消しながら解く練習を積むと、正答率が安定してきます。

まず写真を一目で見て、人物であれば一人か二人か、景色であれば場所を判断しましょう。

次に音声が一文を読み上げるごとに間違っているものを消し、判断できないものを保留しましょう。

この流れで問題を解く練習をし、一度聞いただけで判断できるようになれば安定的に点数を確保できますよ。

ここで気を付けたいのが、TOEIC本番では書き込みができないことです。

書籍にも書き込まずに、頭の中で消去していく練習をしましょう。

筆者も最初は頭の中で消去することが難しかったですが、何度も繰り返せば、本番までに慣れることができますよ。

難易度が高い本で演習する

問題に慣れてきたら、本番より少し難しい本で演習を積みましょう。

この本は、アマゾンのレビューにもあるように本番より難易度が高く作られていると感じます。

その分、本番のリスニングを簡単に感じることができますよ。

他にも本文のレイアウトやフォントなどがそっくりに作られているため本番に沿った演習ができます。

TOEICパート1のまとめ

いかがでしたか?

TOEICパート1の攻略法をお伝えしました。

・問題で実践を積み、出題された単語を覚える
・消去法で選択肢を消す
・難易度が高い本で演習する
この3点を是非実践してみてくださいね。