ネイティブの英語は歌詞から学ぼう!歌詞で英語を学ぶ方法

「ずっと机で英語の文法の勉強をするだけじゃつまらない。」
「楽しく英語を勉強したい」

こういった方におすすめなのが、歌詞から英語を学ぶ方法です。

 

今回は、歌詞で英語を勉強するメリットと方法をご紹介します。

歌詞で英語を学ぶメリット

歌詞を使って英語を学ぶメリットは4点あります。

1点目は机上の勉強より楽しく学べる点です。

自分の好きな歌詞の意味と共に英語を学ぶことができます。

ありそうな生活のシチュエーションの中でしぶしぶ学ぶより、自分の好きなものを題材にして学ぶ方がモチベーションが上がり、楽しく学ぶことができると思います。

2点目は生きたネイティブの英語が学べる事です。

日本の歌詞と同じように英語の歌詞の題材には、現代の生活の状況を反映したものや、恋愛物、社会に反対する物が多いです。

その時々で流行っているものや言葉が出てくる歌詞も多いです。

また、日本の歌詞でも話し言葉が多いように、英語の歌詞にもネイティブがいつも使っている言葉を使用してあるのが多いです。

3点目は、リズムに合わせて覚えられるので、記憶が長持ちする点です。

日本語訳した歌詞を見ながら英語の歌詞を口ずさんだり、リズムに合わせて覚えることで単に暗記するよりも記憶に定着しやすくなります。

また、単語のみではなく、英語文のアクセントや発音そのまま覚えることができます。

忘れた時も曲を思い出せば、単語もすらすら出てきますよ。

4点目は、モチベーションを上げてくれる点です。

1点目でもご紹介したように、好きな曲を繰り返し聞きながら勉強できるので、英語の勉強に対するモチベーションをあげることができます。

英語が楽しくなくて、嫌いになる前に歌詞を使って勉強してみてください。

歌詞で英語を学ぶデメリット

歌詞で英語を学ぶデメリットは、曲によっては上品ではない内容だったりスラングが使われている点です。

日常生活で使うことがない単語、使うと危険な単語も多くでてきます。

歌詞で英語を学ぶだけでは、総合的な英語力をつけることはできません。

あくまでも、勉強に入る前のウォーミングアップやモチベーションを上げるための方法だと捉えるといいでしょう。

歌詞で英語を学ぶ方法

歌詞で英語を学ぶ時のメリットと注意点を理解した後は、歌詞から英語を学ぶ方法をお伝えします。

・曲を選ぶ

まずは勉強の題材となる曲を選びましょう。

興味がある曲の方が、先ほどお伝えしたメリットを実感しやすくなります。

昔の名曲やバラード、映画やCMでよく使われる曲を使用してもいいでしょう。

初心者には、アップテンポの曲やラップが多い曲よりは、落ち着いたビートの曲をおすすめします。

ラップの曲などは、歌詞やスラングが多く日本語訳しずらいものがあるからです。

意味を調べる際に手が止まる回数が多ければ、途中でやる気を失ってしまうでしょう。

・歌詞を見ずに聞く

歌詞を見ずに、どこまで理解できるか確認してみましょう。

単語単語は聞こえるけど、単語が繋がった部分が聞こえない。

分かる単語と分からない単語がある。

このように、自分の実力を一旦把握しておきましょう。

どこを重点的に対策したらいいかわかるだけでなく、最後のステップでもう一度歌詞を聞いた時に成長した部分が分かりやすくなります。

モチベーションを上げ続けるためにも、まずは歌詞を見ずに聞いてみることをおすすめします。

・歌詞を翻訳するまたは、翻訳されたサイトを見る

歌詞を見ずに聞いたあとは、歌詞を翻訳してみましょう。

分かる単語は調べずに、分からない単語だけ調べてみましょう。

そして文の意味を考えて翻訳してみましょう。

授業や受験の際にする要約や翻訳とは少し違った難しさがあります。

翻訳した後は、歌詞サイトなどを参考に合っているかを確認しましょう。

最近では、単語を詳しく解説しながら、文の翻訳を学べるサイトもありますよ。

・声に出して覚える

最後は勉強した単語や文を覚えるために声に出してみましょう。

単語の意味が思い出せなくなったら、日本語訳を見て思い出してを繰り返しましょう。

その際、英語の歌詞を歌いながら、日本語訳が頭に浮かぶようになれば完璧です。

声に出して覚えることで、聴覚が刺激されるので記憶に残りやすくなりますよ。

これは普段の勉強でも有効の手段なので、覚えておくといいですよ。

いかがでしたか?
英語勉強のやる気が起きなくなった時や、楽しみながら勉強したい人にはおすすめの勉強方法です。
普段の机での勉強に加えて歌詞で英語を学ぶ方法を試してみてはいかがですか?